妊娠中に自転車やバイクに乗ることは避けよう

妊娠中に自転車やバイクに乗ることはよくないと言われていますが、これは本当で、それがいったいなぜ良くないのかというのを紹介したいと思います。

ひどい時には切迫流産につながる

自転車やバイクというのは、足を開いてシートに座り、そのシートは、直接衝撃を吸収します。
例えば、ガタガタな舗装されていない道を自転車やバイクで移動するとなると、衝撃は、平坦な道を走っているよりももちろん激しいものとなります。その衝撃は直接あなたの体、特にシート部分にある子宮に強く与えてしまいますから、ひどい時には切迫流産につながりかねません。

自転車やバイクは妊娠中に乗らない方が良い

また、それだけではなく、自転車やバイクに雨が降った後の濡れた道を走ったりすると、滑る恐れがあります。さらには、お腹が大きくなってくると、体のバランスを歩いていてもとりづらくなるのに、自転車やバイクなどに乗ったら、それはもっととりづらくなります。
そうなると、自転車やバイクから転倒してしまうという恐れももちろん出てきますし、運悪くお腹にあたってしまったら、流産につながってしまう恐れもあります。
ですから、自転車やバイクは妊娠中に乗らない方が良いとされています。

逆に、自動車の運転の場合、妊娠超初期の頃や、臨月付近になってまでそれをするのは危険が伴うかもしれませんが、それ以外であれば、自転車やバイクよりは衝撃が少ないので、もしこういったものを使って移動しなければならないという時には、できれば車を選ぶことをおすすめします。