妊娠中の倦怠感、疲労感、眠気の原因と対策

妊娠すると、なぜだかやたらと疲れたり、異常に眠気を感じる事が多いですよね。
妊娠前よりゆったり過ごしているはずなのに、寝ても寝ても眠い、なんて事も。

一体なぜ妊娠中はだるさを感じたり、眠くなってしまうのでしょうか。
そこで、妊娠中に感じる倦怠感、疲労感や眠気の原因と対策を調べてみました。

倦怠感、疲労感、眠気の原因

妊娠中の倦怠感や疲労感の原因の一つはホルモンの影響によるものと言われています。
また、妊娠という大きな経験によって、精神的にストレスがかかっており、知らないうちに疲れがたまっている可能性もあります。

また眠気の原因は、眠気づわりというつわりの一種と言われています。
そのため、「寝ても寝ても眠い」というような状況は妊娠初期に現れやすい症状です。

妊娠中期以降になるとお腹が大きくなることで、通常の動作でも体に負担がかかりやすくなります。
また、お腹のなかで赤ちゃんが成長するために栄養分は優先的に赤ちゃんに運ばれます。
そのため、不足している栄養素があると妊婦さんの体に影響が出やすくなってしまうのです。
例えば貧血の場合などは、倦怠感や疲労感を感じることが多いため、注意しましょう。

対策

疲れを感じたらゆっくり休む、というのが基本です。
家事などを少し手抜きしたり、具合が悪くなる時間がある程度決まっているなら、他の時間に動くようにして休みましょう。

眠気を感じた場合などは、なかなか眠らずに対処するのは難しいかもしれません。
しかし、仕事をしている場合などは眠ることもできず、妊娠中はカフェインを摂るわけにもいかないですよね。
そんな時はストレッチをするなどして少し体を動かしたり、炭酸水を飲むなどすると少しすっきりできます。

精神的なストレスも影響している場合は、少し外に出て息抜きをするのもおすすめです。

また、妊婦さんは貧血になりやすいため、鉄分は積極的に摂るように心がけてください。
自分なりにいろいろ気をつけてみても辛い場合には、漢方薬などを処方してもらえることもあるので、産婦人科で相談してみると良いでしょう。