妊娠中のマタ旅、あなたならどうする?

「赤ちゃんが生まれたら忙しくなるし…」「夫と夫婦二人の思い出を増やしたいし…」
妊婦さんが旅行を計画するにはそれぞれ何か理由があると思います。
今流行しているマタニティ旅、通称マタ旅は妊婦さんや赤ちゃん、家族にとってどのような影響があるでしょうか。

安定期は旅行を計画する人が多い

一般的には妊娠5か月に入ると安定期と言われ、この時期を目安に旅行を計画する方が多いでしょう。
しかし実際には安定期と言っても、何もトラブルが起きないというわけではありません。

海外旅行については、飛行機利用のリスクや、予想外の入院や出産となってしまった場合の費用の問題などの観点からあまりお勧めできません。
国内旅行についても、長時間のドライブなど、同じ姿勢で動けない状況は血流を悪くしてしまいますので注意が必要です。
また、テーマパークでは妊婦の利用を制限しているアトラクションも多くあります。
妊婦であることを隠してアトラクションに乗り、具合が悪くなって病院に搬送されるといったことも少なくないそうです。

妊娠中の体はデリケート

妊娠中は体は非常にデリケートになっています。
「必ず主治医の指示を仰ぐ」
「万が一に備えて母子手帳、保険証は必ず持ち歩く」
「旅行先の近くで受診できる病院を前もって探しておく」
「無理に予定を詰め込みすぎず、ゆったりと落ち着いて過ごせるように日程を調整する」
「乗り物に長時間乗っていることがないようにスケジュールを調整する」
など、妊婦さんと赤ちゃんに負担のないように計画をしっかりして、万が一にも対応できるように準備を周到にしておくことがポイントになるでしょう。

など注意をしたうえで、妊婦と赤ちゃんに負担の少ない旅行を考えるとよいでしょう。