自覚症状のないまま診断された貧血

自覚症状のないまま貧血と診断されました。妊娠中期になって突然貧血と診断されました。私自身はふらふらしたり息切れしたりするなどの自覚症状が全くなく、数値的にもひどい貧血ではなかったのですが、医療機関の規定により鉄剤の処方されました。

切迫早産で入院して貧血が改善された

ただ妊娠週数が進むにしたがってふらつきや息切れの症状は出て来て、しばらくは鉄剤を処方しても追い付かないくらいでした。

そのため医療機関からはもう少し食事を多く摂取するように求められていましたが、鉄分を多く含む肉が好きでなかったことから改善の兆しは見えませんでした。

妊娠8か月でも貧血が改善されないままだったのですが、ちょうどその頃に切迫早産と診断されて約1か月半入院しました。

その間食事は栄養士がきちんと栄養を計算したメニューのものを摂取していたこともあってか、入院して以降は自然に貧血がおさまっていつの間にか鉄剤の処方が不要になりました。出産には何の影響もありませんでした。

貧血になりやすい体質に変わってしまった産後

入院は出産する1週間前までしていたことから、その後自宅に帰宅してまた食事の状態が悪くなってもすぐに貧血になるような状態ではなかったようです。

そして出産時も特に異常がないまま迎えることができた上に、直後の検査でも貧血はないと診断されました。

ただ少しでも油断すればすぐに貧血になりやすい体質に変わったようで授乳中は何度か貧血の症状で調子が悪くなっており、食事の摂取の仕方には気を付けなければいけないと感じました。