異常なしと言われた翌日卵巣肥大と発覚

私は、妊娠初期(心拍確認ができた頃)のある夜に、とてもひどい下腹部痛になり、出血などはないものの不安が大きかったので産婦人科に連絡することにしました。しかし、私に伝えた症状や電話応対からか、緊急性は無しと判断され、翌朝の診察時間に受診をすることになりました。

妊娠初期に突然腹痛、受診するも異常なし?

予約外の診察だったため担当の先生は違う方だったのですが、エコーをしても、「卵巣が少し大きいですが妊娠初期にはよくありますし異常な範囲ではないですね」と言われ、処置も薬もなく帰宅しました。

しかし、ピークは過ぎたものの腹痛がおさまらないため、数日後担当医の外来の日に診察に行くと、「卵巣が腫れていて激しく動いたり激痛に耐えて万が一破裂したら大変!ねじれる可能性もある」と一大事を伝えられました。

痛み止めと安静、仕事の調整で少しずつ改善

再受診して良かった、と思いながら、もらった痛み止めを飲みながら安静にすることにしました。仕事場では事情を言って、事務仕事をメインに、そして休憩時間には和室を借りて横にならせてもらうことにしました。家でも極力横になったり、買い物も重いものは通販に頼る等、体に負担がかからないよう過ごしながら、頻繁に通院して毎度エコーで卵巣の大きさを見てもらいました。

卵巣肥大は妊娠初期によくある症状(私の場合それが肥大しすぎて危険だった)とのことで、医師の指示を守り職場で協力をしてもらったおかげでか、少しずつ腫れは治まり、その後の妊娠生活は順調に。でも仕事は無理は控えました。

無事出産、その後も異常なし

そして、それ以来いろいろ妊娠生活に気を付けるようにもなり、無事出産できました。出産時の陣痛やその後の生理や、子宮周りに負担がかかっていそうなシーンでは時々またあの痛みが来る?と不安になることもありますが、なんともなく元気に過ごせています。